脂肪肝の症状

脂肪肝の症状についてですが、実は自覚症状としては何も現れないのが特徴でもあります。そのため中々、気がつけないというのが現実です。
どのような状態になるのかというと肝臓全体の5%を脂肪が占めるようになったときに脂肪肝であるという判断がされます。
食事を取ってから脂肪分は小腸の中で脂肪酸に分解してから肝臓へと届けられるのですが、この食事の際に脂肪分を過剰に摂取したりアルコールを飲み過ぎることによっても中性脂肪というものが肝臓にたまるようになってしまうのです。
肝臓の構成としては三分の一をコレステロールや中性脂肪、遊離脂肪酸というものになっているので、これ以上増やすのは健康上良くないと言うことでもあります。ちなみに三分の二はリン酸が主な構成成分となっています。
男性では40歳前後に、女性では40代以降になると脂肪肝を多く発症しますので、注意をしなくてはいけません。とは言っても自覚症状がない以上、年に1回だけでも構いませんので健康診断を受けるなどして対処していくしかないでしょう。
肝臓の働きを良くする成分もありますので、そういった食品やサプリメントの摂取も良いでしょう。昔から「にんにくを食べ続けるとお酒に強くなる」などと言われてきましたので、古くから効果のあるものも存在していますよ。
症状を把握できないのであれば予防策を講じることによって脂肪肝にならないようにしたいものです。気がつかないまま悪化をしてしまうと肝硬変にもなりますので怖いものです。

 

肝脂肪サプリメント ランキングへ

 

肝脂肪お役立ち
脂肪肝に良い食べ物
脂肪肝と肝硬変
脂肪肝を予防

脂肪肝サプリ 人気ランキング

レバリズムL きなり セラクルミン 肝パワーEプラス

レバリズムL 口コミへ
肝臓の元気をサポートする6つの成分

きなり 口コミへ
脂肪肝の元凶!中性脂肪の低下をサポート

セラクルミン 公式サイトへ
肝機能数値の低下が実証!機能性表示食品

肝パワーEプラス 口コミへ
異例のメガヒットサプリ肝パワー