健康な状態の肝臓の数値とは

肝臓の疾患があるかどうかを医療機関で検査をする場合、「GOT」と「GPT」という2つの基準の数値で判断をすることが多いです。GOTとGPTは、臓器細菌の中にあるもので、バランスよくなければ肝臓の疾患を引き起こすリスクが高くなるなど、病気を発症する危険性が出てきてしまうのです。
どちらか一方の数値が高くなるようなことがあれば、命の危険を伴うような病気を発症してしまう可能性が高くなるとも言われています。健康な身体を維持し続けたいのであれば、GOTとGPT両方の数値を基準値の範囲内にしておく必要があるのです。

 

GOTとGPTの基準値と理想値

◆AST(GOT)
基準値:10〜30IU/L
理想値:5〜19IU/L

◆ALT(GPT)
基準値:10〜30IU/L
理想値:5〜19IU/L


◆γ-GTP
基準値:0〜50IU/L

 

GOTとGPTのバランスが大切!

臓器に何の問題もなく健康な状態と言えるGOTとGPTの値は、「30IU/L以下」とされています。
GOTとGPT双方のバランスが良くなければ、さまざまな病気を引き起こしてしまうと言われています。GPTよりGOTの値が極端に低くなってしまうようなことがあると、慢性・急性肝炎や脂肪肝、肝硬変、胆汁鬱滞といった肝臓のトラブルを引き起こしてしまうリスクが高くなるのです。逆にGOTよりGPTの値が極端に低くなってしまうようなことがあると、劇症肝炎やアルコール性脂肪肝、アルコール性肝炎、肝硬変、鬱血性心不全、心筋梗塞といった病気を発症してしまうリスクが高くなるのです。

 

GPTよりGOTの値が2倍以上になってしまうと、原発性肝ガン、や筋ジストロフィーといった命を失う危険が非常に高い病気を発症するリスクが高くなってしまうのです。GPTとGOT双方のバランスが崩れてしまうことで、さまざまな病気を発症するリスクが高くなるということが分かると思います。

 

30IU/L以下が、健康な状態と言える値とされていますが、10000IU/L以上という30倍近くの値になってしまうこともあるようです。検査でGPT・GOTの値に問題があった場合、身体にどのような異常が起こっているか確定をさせるための診断を行なうことになります。腹部CT検査や腹部超音波検査といった精密検査を行い、身体のどの部分にどういった異常が起こっているか、特定をしていくことになるのです。病気があることが分かれば、治療を行っていくことになりますし、病気の種類や症状によっては、手術や入院といった大事になることもあります。

 

健康な数値を維持するために

GPTとGOTの数値は、正常な値をキープ出来るよう、日頃から気にしておかなくてはいけません。
最近では、肝臓の数値を正常な状態に維持するためのサプリメントなんかも出てきています。普段の生活を気にすることはもちろんですが、サプリメントを併用して、肝臓を健康な状態に維持出来るようにしましょう。

 

脂肪肝サプリ 人気ランキング

レバリズムL きなり セラクルミン 肝パワーEプラス

レバリズムL 口コミへ
肝臓の元気をサポートする6つの成分

きなり 口コミへ
脂肪肝の元凶!中性脂肪の低下をサポート

セラクルミン 公式サイトへ
肝機能数値の低下が実証!機能性表示食品

肝パワーEプラス 口コミへ
異例のメガヒットサプリ肝パワー