脂肪肝であるかを知るための検査

肝臓に脂肪が蓄積をしてしまった状態のことを脂肪肝と言います。この脂肪肝になってしまうと、肝硬変や肝臓ガンといった命の危険を伴う病気を発症するリスクが高くなってしまうと言われています。そういったことから、脂肪肝は早い段階で発見をしておいた方がいいのです。
ただ、脂肪肝は自覚症状が全く無いといってもいいほどであることから、早期発見には検査が非常に重要な役目を果たすことになります。

 

会社などの健康診断で、脂肪肝であるという指摘を受けたことがある方もいらっしゃるでしょう。
しかし、一般的な健康診断や定期検査では、確実に脂肪肝であるかを診断することは出来ないと言われています。脂肪肝の3割程度の方が、健康診断や定期検査では何の問題も無かったのに、後になって脂肪肝であることが分かったというデータも残されています。つまり、健康診断で脂肪肝と指摘をされなくても、脂肪肝である可能性はあるということなのです。

 

健康診断などで行なわれる簡易的な血液検査では、GOTとGPTという2つの数値に着目をします。
GOTとGPTというものは、肝細胞の中に存在をする酵素で、肝臓に異常がなければ血液内から検出をされることはありません。もし血液検査でGOTとGPTが大量に検出をされるようなことがあれば、肝細胞が破壊されて肝細胞からGOTとGPTが流出をしていることになります。

 

脂肪肝の場合、肝臓内に脂肪が蓄積をされて肝臓内は少なからずダメージを受けていますので、GOTとGPTが血液内にも確認をされるようになります。しかし、肝臓へのダメージがそこまで大きいものではありませんので、GOTとGPTの数値はそれほど高いものにはなりません。
肝炎や肝硬変、肝臓ガンであれば、肝臓へのダメージが非常に大きくなりますので、GOTとGPTの数値は通常時より急激に高くなります。
血液検査でGOTとGPTの値を確認すれば、脂肪肝であるかどうかを判断することが出来ないわけではないのですが、数値の上昇がそこまで見られないということから、人によっては脂肪肝であっても見逃されてしまうことがあるのです。実際に、GOTとGPTの値が正常値であったにも関わらず脂肪肝であったという方は結構いらっしゃいます。
自分の生活習慣を考えて、脂肪肝の可能性があるかもしれないと思った方は、健康診断だけに頼らずに肝臓専門の検査を受けるようにして下さい。


脂肪肝サプリ 人気ランキング

レバリズムL きなり 肝パワーEプラス セラクルミン

レバリズムL 口コミへ
肝臓の元気をサポートする6つの成分

きなり 口コミへ
脂肪肝の元凶!中性脂肪の低下をサポート

肝パワーEプラス 口コミへ
異例のメガヒットサプリ肝パワー

セラクルミン 公式サイトへ
肝機能数値の低下が実証!機能性表示食品