非アルコール性脂肪肝(NASH)の原因と治療

日本でも患者数が増えている非アルコール性脂肪肝(NASH)は、1980年にアメリカで発見をされた肝臓の病気です。
非アルコール性脂肪肝という名前が付いているのは、アルコールが原因ではないにも関わらず、アルコール性肝障害と似た状態になるからです。発見をされてからしばらくの間は、そこまで話題になることはなかったのですが、90年代半ばから一気に注目を集める病気になりました。

 

非アルコール性脂肪肝(NASH)は、肥満や糖尿病といったものとの関連性が強く、肥満が多いアメリカでは成人の3%が非アルコール性脂肪肝(NASH)を発症しているとも言われているのです。近年、食の欧米化が進んできている日本でも、非アルコール性脂肪肝(NASH)を発症をする方が増えてきているのです。

 

非アルコール性脂肪肝(NASH)を発症すると、肝細胞が繊維化していき、肝硬変などの思い肝臓病に繋がる可能性が高くなります。
普通の脂肪肝であれば、肝硬変へと移行する確率は1%程度なのですが、非アルコール性脂肪肝(NASH)の場合は、その10倍高い確率で肝硬変を発症してしまうと言われているのです。肝硬変だけではなく、肝ガンのリスクも同時に高くなってしまいます。非アルコール性脂肪肝(NASH)であるかは、健康診断などで行なう血液検査では分かりにくいと言われており、炎症反応を見るCRPという検査か、肝生検を行なう必要があります。

 

非アルコール性脂肪肝(NASH)の原因と治療法について

非アルコール性脂肪肝(NASH)は、肝硬変のリスクを高めてしまうことから、特に気をつけなければいけない肝臓の問題とも言えます。
非アルコール性脂肪肝(NASH)になる原因というのは、脂肪肝であることはもちろんですが、そこにインスリン抵抗性、酸化ストレス、炎症性サイトカインといったものが加わって問題を起こしているのではないかと言われています。
脂肪肝と非アルコール性脂肪肝(NASH)を発症する違いは、現代医学ではまだ解明をされていません。ただ、どちらも肝細胞の破壊を引き起こしますので、肝機能の力によって再生を繰り返して繊維化を進めていき、やがては肝硬変などの命の危険を伴う病気を発症するリスクが高くなります。

 

脂肪肝でも特に最近話題となっている非アルコール性脂肪肝(NASH)になってしまった場合、肝臓の機能を悪化させないために、治療を行なう必要性が出てきます。
自分で出来ることとしては、低カロリーで栄養バランスの取れた食事を心がけて肥満を解消させる、ということがあります。医療機関では、抗酸化作用のあるビタミンEの投与を行う、肝庇護薬やインスリン抵抗性改善薬による薬物療法を行なう、瀉血療法を行なうといったことが、効果的だと言われています。脂肪肝というものは、身体の調子が悪くなるなどの自覚症状が出ないことから、肥満の影響だと軽く考えがちです。
しかし、非アルコール性脂肪肝(NASH)になると、命の危険を伴う病気を発症する確立がかなり高くなってしまいますので、恐ろしいものだという認識を持って頂かなくてはならないのです。

 

非アルコール性 関連記事
非アルコール性の脂肪肝がもたらす危険
お酒を飲まないのに脂肪肝!?NAFLDとNASHとは


脂肪肝サプリ 人気ランキング

レバリズムL きなり 肝パワーEプラス セラクルミン

レバリズムL 口コミへ
肝臓の元気をサポートする6つの成分

きなり 口コミへ
脂肪肝の元凶!中性脂肪の低下をサポート

肝パワーEプラス 口コミへ
異例のメガヒットサプリ肝パワー

セラクルミン 公式サイトへ
肝機能数値の低下が実証!機能性表示食品