お酒を飲まないのに脂肪肝!?NAFLDとNASHとは

脂肪肝はお酒を飲まない人に増えている?!
近年、お酒を全く飲まないにもかかわらず脂肪肝になってしまう人が増えているのが目立ってきています。繰り返し言いますが、日本人に至っては、脂肪肝となる原因の多くは、過剰飲酒ではなく、食べ過ぎることによって起こります。
特に脂肪肝を引き起こす要因として、果物や砂糖、白米、パン、麺類といった糖質の摂り過ぎです。糖質の摂り過ぎで起こってしまう脂肪肝は、比較的軽い肝臓病であり、自覚症状もほとんど現れません。
けれど、そのまま肝臓にストレスのかかる食生活を続けてしまうと、肝細胞が線維化し堅くなってしまい「非アルコール性脂肪肝肝炎」になってしまう可能性が強くなります。
この非アルコール性脂肪肝肝炎は、英語名を省略し「NASH(ナッシュ)」と呼んでおり、そのままにしてしまうと、肝硬変や肝細胞癌へとなってしまう恐ろしい肝臓病です。NASHにかかるのは太った女性が多いのが特徴でもあります。

 

危ない肝臓病!非アルコール性の肝臓疾患「NASH」

糖質の摂り過ぎが原因で脂肪肝!?

近年、問題になっているのが「NAFLD(ナッフルド)」や「NASH(ナッシュ)」と呼ばれる非アルコール性の肝臓疾患が増えていることです 。

 

飲み過ぎではなく食べ過ぎが原因で起こり、特に糖質の摂り過ぎが危険視されています。

 

NAFLDはまだ症状が軽いため直しやすいのですが、NAFLDが進行してしまうとNASH(非アルコール性脂肪肝肝炎)になってしまい、それをそのままにしてしまうと5〜10年後には肝硬変に5〜20%の確率で重症化してしまうので、飲酒しない人も油断できません。
国内でNASHにかかっている患者は推定でも既に300万人いると考えられています。更に、脂肪肝にかかっている5人の内1人が10年程度でNASHへ変化すると考えられています。

 

NAFLDとNASHとは?

  • NAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)

飲酒したことがない、もしくは1日20g以下しかアルコールを摂取してないのに、アルコール性肝障害に似ている脂肪肝にかかっている肝障害。症状が軽いもので改善がしやすく単純性脂肪肝と重症化がし易いNASHの2つがある。

 

  • NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)

NAFLDの中の重症な病気を指す。肝細胞が既に壊死し始め炎症を起こして、線維化し肝炎が起こっているにもかかわらず、自覚症状がほとんど見られない。そのままにすると肝硬変や肝細胞癌になってしまう可能性がとても高い


脂肪肝サプリ 人気ランキング

レバリズムL きなり セラクルミン 肝パワーEプラス

レバリズムL 口コミへ
肝臓の元気をサポートする6つの成分

きなり 口コミへ
脂肪肝の元凶!中性脂肪の低下をサポート

セラクルミン 公式サイトへ
肝機能数値の低下が実証!機能性表示食品

肝パワーEプラス 口コミへ
異例のメガヒットサプリ肝パワー