肝臓の機能を高めるための食事法とは

肝臓の機能を高めてあげるのには、高タンパク質の物を食べるのが1番だと言われています。
肝臓という臓器は、非常に再生能力が高い臓器だと言われており、タンパク質を摂取することで肝臓に必要とされるタンパク質を絶えず作り出すということを行なっているのです。

 

健康な肝臓を維持するのに欠かせないタンパク質ですが、食べ物によって体内に摂取されたタンパク質は、腸で吸収をされる際にアミノ酸という物質に分解をされ、肝臓部分でアルブミンなどのタンパク質に再度作り直されるようになっています。食品に含まれるタンパク質というのは、肉や魚といった種類ごとにアミノ酸の物質が異なることから、ストレートに人間の肝臓をはじめとした臓器に有効なタンパク質にはならないのです。

 

人間の身体にあるタンパク質にはさまざまな種類があるのですが、その中でも最も多いと言われるのがアルブミンという成分になります。肝硬変などの肝臓疾患を引き起こして肝機能が低下をしてしまうと、体内のアルブミンの量が減ってしまうと言われています。そういったことから、アルブミンを食べ物によって摂取をする必要が出てくるのです。

 

アルブミンを体内で作り出すために

 

アルブミンを体内で作り出すには、さまざまな種類のアミノ酸が必要になってきます。しかし、アミノ酸の中には、体内では合成することが出来ない必須アミノ酸と呼ばれるものが8種類も存在をしているのです。ですので、体内で合成をすることが出来ない8種類の必須アミノ酸を、積極的に摂取をしてあげる必要があります。
必須アミノ酸を豊富に含むタンパク質の食品は、どういったものがあるのでしょうか?
アミノ酸価が100に近いものが、必須アミノ酸を含む良質なタンパク質であるとされていますので、アミノ酸値が100に近い食品を積極的に摂取してあげなければいけません。どういった食品が、アミノ酸値100に近いかと言えば、牛乳や卵、肉類、魚のアジだと言われています。

 

日本人の食生活というのは、上記の食品を多く摂るという食生活ではないことから、意識的に食事内容を考えなければ、必須アミノ酸を必要量摂取することは難しいのです。
和食は、カロリーが低くダイエットなどにはとても良いのですが、必須アミノ酸のことを考えると、問題点がどうしても出てきてしまいます。和食を常食とする日本人が必要量の必須アミノ酸を摂取するには、魚と肉、肉と大豆といった2種類以上のタンパク質を同時に摂取をしてあげなければいけません。2種類以上のタンパク質を摂取することで、それぞれの食品で不足をしているアミノ酸を補充し合うことが出来るため、アミノ酸値も一気に上がってくれるのです。
肝臓の機能のことを気にされる場合、さまざまな種類のタンパク質を摂取して、肝臓の機能を高めていくようにしましょう。


脂肪肝サプリ 人気ランキング

レバリズムL きなり 肝パワーEプラス セラクルミン

レバリズムL 口コミへ
肝臓の元気をサポートする6つの成分

きなり 口コミへ
脂肪肝の元凶!中性脂肪の低下をサポート

肝パワーEプラス 口コミへ
異例のメガヒットサプリ肝パワー

セラクルミン 公式サイトへ
肝機能数値の低下が実証!機能性表示食品