肝臓のことを考えた生活を送ろう

肝臓の障害や病気にならないためには、肝臓を労わってあげることが出来る生活を送る必要があります肝臓のトラブルの1つにアルコース性肝障害があるのですが、初期症状であればお酒を止めるだけで改善をすることも出来るのです。
肝臓にトラブルが起こっている状態でなかったとしても、肝臓の障害や病気を予防するために、お酒を止めることを勧めます。

 

  • 想像して選んでください!

「お酒を思いっきり飲んで病気になって短命な人生を送る」「お酒を飲まずに長生きをして美味しいものを食べる人生を送る」
このどちらの人生を望まれますか?

 

お酒を飲むことはとても楽しいことだとは思うのですが、それによってアルコール性肝炎を発症してしまうと、厳しい食事制限を強いられて治療を行うことになってしまうのです。アルコール性肝炎を発症してしまうと、1日の摂取カロリーを1500〜1800キロカロリーに制限をする必要があります。カロリー以外にも、塩分は6グラム以下の摂取制限があったり、高たんぱく質・低脂肪の食事を摂る必要性も出てきてしまいます。
日常の食生活にこのような制限がかかってしまうことから、食事に対する楽しさというのがなくなってしまいます。

 

食事だけでは肝機能を改善させることは難しいので、ビタミン剤や肝機能を回復させるための薬を服用する必要性も出てきてしまいます。アルコール性肝炎になっても、お酒が止められなくなってしまっている方の場合は、抗酒薬を投与しなければいけない場合もあります。非常にキツイ薬ですので、頭痛などの副作用を伴うこともあり、日常生活に支障を伴うようなことにもなりかねないのです。

 

  • 肝臓に負担をかけないために

お酒は適度に飲んでいれば、健康にとってプラスになるとも言われているのですが、飲みすぎてしまうと、さまざまな病気を発症するリスクを高めてしまいます。お酒を日常的に飲むという方は、摂取量を考えて飲むようにして、肝臓への負担を出来るだけかけないようにして下さい。肝臓へ大きな負担がかかり、障害や病気を起こしてしまうと、厳しい食事制限を強いられる生活が待っています。
普段からお酒を飲むような方は、肝臓の機能を回復させてくれるサプリメントを取り入れることも考えてみてはいかがでしょうか。

脂肪肝サプリ 人気ランキング

レバリズムL きなり 肝パワーEプラス セラクルミン

レバリズムL 口コミへ
肝臓の元気をサポートする6つの成分

きなり 口コミへ
脂肪肝の元凶!中性脂肪の低下をサポート

肝パワーEプラス 口コミへ
異例のメガヒットサプリ肝パワー

セラクルミン 公式サイトへ
肝機能数値の低下が実証!機能性表示食品