肝硬変の初期段階とも言える肝炎

肝炎という病気は、生活習慣の乱れが長期にわたって続いた場合やウイルス感染が原因となり、肝細胞が機能を果たさなくなり、肝臓に炎症が起こってしまうというものです。肝炎を引き起こしてしまった場合、肝臓は死んでしまった肝細胞を何とか元の状態に戻そうとするのです。医療機関で肝炎の治療を受けずに放置をしていると、肝細胞の壊死と再生を繰り返し行なうようになります。
その状態が長期にわたって続くことで、徐々に肝細胞を再生させる力が弱まっていき、壊死した肝細胞が肝臓内に増えていってしまうのです。
壊死した肝細胞は、繊維化という現象を引き起こし、硬くなっていってしまうのです。
壊死して繊維化してしまった肝細胞がだんだんと増えていくと、肝臓の表面部分にある再生結節という塊ができてしまい、肝臓という臓器そのものが硬くなってしまうようになります。皆さんもご存知の肝硬変という状態が、この状態のことなのです。

 

肝硬変になってしまうと

肝硬変の状態になってしまうと、肝臓が萎縮をしてしまい、大人の肝臓は平均で1200グラムあるのですが、これが1000グラム以下にまで小さくなってしまうのです。そうなることで、肝機能も徐々に低下をしていき、正常な肝細胞の数もどんどんと減少をしていきます。
肝硬変の初期段階では、正常な肝細胞も多少は残されていることから、自覚症状はほとんど感じないと言われています。
初期の肝硬変のことを「代償性肝硬変」と呼ぶこともあります。
肝機能がさらに低下をして自覚症状が出るようになると、「非代償性肝硬変」と呼ばれ、肝臓ガンを発症するリスクが高くなったり、肝性脳症を引き起こすリスクが高くなったりと、命の危険を伴う可能性も出てきてしまいます。肝臓が炎症を起こしているだけだからと、肝炎を甘くみてしまっていては、最終的には命を落とす危険を伴う状況になってしまうこともあるのです。


脂肪肝サプリ 人気ランキング

レバリズムL きなり セラクルミン 肝パワーEプラス

レバリズムL 口コミへ
肝臓の元気をサポートする6つの成分

きなり 口コミへ
脂肪肝の元凶!中性脂肪の低下をサポート

セラクルミン 公式サイトへ
肝機能数値の低下が実証!機能性表示食品

肝パワーEプラス 口コミへ
異例のメガヒットサプリ肝パワー