非アルコール性の脂肪肝がもたらす危険とは

肝臓に起こる疾患には色々なものがありますが、近年はアルコール性脂肪肝が減っており、非アルコール性の脂肪肝(NAFLD)を起こす人が増えてきています。
非アルコール性脂肪肝を起こす原因は、バランスの悪い食生活(特に脂肪や糖分の摂り過ぎ)や運動不足による内臓脂肪の増加にあると言われています。また、食事制限などで無理なダイエットをすることにより、体内のタンパク質が不足をして脂肪が排出されにくくなることで、その脂肪が肝臓に蓄積をされてしまい脂肪肝なるということも増えてきています。

 

ダイエットに関心が強い若い女性の脂肪肝も、実は増えてきていると言われています。非アルコール性脂肪肝は、症状が悪化をしてしまうと非アルコール性脂肪肝炎(NASH)という病気を発症するリスクがあるため、非常に恐ろしいものだと言われているのです。

 

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)を発症する割合は、脂肪肝の1割だとされており、日本では100万人もの方が発症をして苦しんでおられます。非アルコール性脂肪肝炎(NASH)は、ここ数年で発見をされた新しい病気であることから、原因が特定をされておらず、治療法も現段階では存在していません。まだまだ謎の多い病気であることから、血液検査やCT検査を行っても、確実に発見をされる病気ではないのです。

 

  • 非アルコール性脂肪肝炎 検査方法

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)であるかを確実に調べるためには、肝臓組織の一部を採って検査を行う「肝生検」を行なう必要があります。他の肝臓の疾患と同じで、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)も症状が非常に出にくい病気です。ですので、発症された方の1割が病状が悪化をしてしまい、数年で肝硬変や肝臓ガンといった命の危険を伴う病気を併発すると言われています。

 

  • 非アルコール性脂肪肝炎 原因

アメリカでは、以前から非アルコール性脂肪肝炎(NASH)という病気は、肝臓のトラブルを抱えている方の多くが発症をする病気でした。というのも、アメリカなどの欧米 諸国では、食事で多くの糖分や脂肪を摂取するのが当たり前だったからです。
近年、日本では食の欧米化が進んできており、それに伴って非アルコール性脂肪肝炎(NASH)を発症される方が増えてきているのではないかと考えられています。
肝臓に大きなダメージを与えるといわれるアルコールですが、日本酒3合を毎晩5年間飲み続けると、誰でも脂肪肝になると言われています。また、脂肪肝の方がアルコールを摂取し続けると、慢性肝炎や肝硬変、肝臓ガンといった死のリスクを伴う病気になる可能性が人よりも高くなります。


脂肪肝サプリ 人気ランキング

レバリズムL きなり セラクルミン 肝パワーEプラス

レバリズムL 口コミへ
肝臓の元気をサポートする6つの成分

きなり 口コミへ
脂肪肝の元凶!中性脂肪の低下をサポート

セラクルミン 公式サイトへ
肝機能数値の低下が実証!機能性表示食品

肝パワーEプラス 口コミへ
異例のメガヒットサプリ肝パワー