脂肪肝の原因

脂肪肝の原因は様々ですが、大きく分けて二つに分かれます。

 

  • 肥満
  • アルコール

 

他にも原因はありますが、大きなところではこのふたつになるかと思います。お酒を飲まないにも関わらず脂肪肝になる場合があります。肥満の脂肪肝患者の中には、明らかにアルコールを好まないのに脂肪肝患者がいるのです。こうした人たちを、非アルコール性脂肪肝と呼びます。

 

 

原因は食生活にあると言わざるを得ません。脂質の高いものを多く摂取すれば太るのは当たり前で、食べたらエネルギー消費に時間を割かなければ、かならず肝臓に中性脂肪が残存してしまうのです。この中性脂肪が増えていけば、脂肪肝になるのです。
しかし、見た目は肥満でもないしアルコールも飲まないにも関わらず脂肪肝と診断される人もいます。


 

こうした人も結局は食生活と運動が足りていないということが大きな要因になっています。新陳代謝が悪い上に、食べたら肝臓に溜まってしまうのがこのタイプです。いずれにしても、非アルコール性脂肪肝の場合は食生活を劇的に変革しなくてはいけないのです。

 

そして、それができたら意外にスンナリと脂肪肝は解消されていきます。次に、お酒を飲み過ぎる人たちが脂肪肝になる場合です。お酒を浴びるように飲むと、本来肝臓が担う解毒作用が間に合わなくなります。

こうして間に合うことなく蓄積されたものが、脂肪となり脂肪肝へと繋がっていくのです。こうした酒に溺れるような生活を続けて行くとASHという病状に陥り、進行して肝硬変になっていきます。肝細胞が壊死していくという恐ろしい病になるのです。こうなると命の問題になっていきますね。アルコールは控えてきちんと治療しなくてはいけなくなります。

 

他には、非アルコール性脂肪肝のなかには糖尿病や高脂血症が脂肪肝を引き起こす場合があります。インスリン不足が脂肪を肝臓に溜めてしまうことになるからです。糖尿病や高脂血症という病気が根本にある場合は、よもや家庭でどうにかできる問題にはないので、病院に行ってしかるべき治療をしてください。

カロリーオーバーとアルコールによる影響

脂肪肝になる原因は、アルコールだけではありません。脂肪や糖分を過剰にとって起こることもあります。肥満=脂肪肝と思われていますが、痩せている人の方が脂肪肝になっていることが多いほどです。
まず、摂取カロリーが消費カロリーを上回っている場合には、エネルギーとして使い切れませんので全身から取り込んで脂肪肝になります。

 

 

アルコールとおつまみの組み合わせも良くありませんね。脂っこいものが多いおつまみを食べる傾向が強いと思いますので、カロリーオーバーとアルコールによる影響で脂肪肝となって行くでしょう。


 

また、ダイエット中の女性の飲酒については、食事のバランスが崩れておりタンパク質が不足すると、中性脂肪をタンパク質によって排出出来ませんので、これらが肝臓に残って、結果的には脂肪肝になると言うことです。
最後に糖尿病の方についてですが、脂肪肝と糖尿病では主な原因が同じようなもので、食べ過ぎや運動不足によって発症しているものです。したがって血糖値が高くなってきたなと思ったときには脂肪肝を疑うことになるケースもあります。
基本的に、飲み過ぎや食べ過ぎによって起こっているものと、成分的に不足が発生することによって脂肪肝になっている場合がありますので、痩せていれば脂肪肝の原因と該当するものがなく安心だとは言い切れないのです。
これらの原因についてお思い当たるものがあれば改善をしていく必要性が出てきますので、脂肪肝の原因について把握しておくようにしましょう。

 

 

脂肪肝サプリ
肝脂肪サプリメント ランキング

 

関連記事
脂肪肝を予防
脂肪肝とアルコール

脂肪肝サプリ 人気ランキング

レバリズムL きなり 肝パワーEプラス セラクルミン

レバリズムL 口コミへ
肝臓の元気をサポートする6つの成分

きなり 口コミへ
脂肪肝の元凶!中性脂肪の低下をサポート

肝パワーEプラス 口コミへ
異例のメガヒットサプリ肝パワー

セラクルミン 公式サイトへ
肝機能数値の低下が実証!機能性表示食品